年収と借入の比較

カードローンと言えば、年収が高い人におすすめであるとイメージされるケースが多いです。
しかし、実際はバックグラウンドを問わず色々な方々におすすめすることのできる、素晴らしい金融商品です。
銀行によっては、雇用形態を問わず、安定した収入を毎月確保できるのであれば申し込んで良いと定めていることもあります。
ただし、とは言えども、年収が審査結果に関係ないのかと言えば、そんなことはありません。
年収も融資の可否が決まる大切なポイントとなります。
 
カードローンを利用するためには、年収ベースが高い方が有利のように感じます。
確かに商品の中には、年収が300万円以上必要などという風に、最低でも満たさないといけないラインが設けられていることもあります。
特に高額融資が前提の金融商品ですと、このような傾向が強いです。
融資金額が高いがために、それなりの高い収入が求められるのです。
 
では、年収のベースが高ければ、それだけで審査に通ってしまうのでしょうか。
実はそんなことはありません。
年収以外にも、借入とのバランスがどうなってるかという観点も外すことができません。
 
例えばですが、年収が600万円だとしても、借入が300万円を超えてしまうようでは、収入と借入のバランスは良くないと言ってもおかしくありません。
銀行のローンの場合、総量規制の対象にはならないですが、借入の割合が大きいと判断された場合は、審査において不利になる傾向が高いです。
その代わり、年収が高くなくても、借入の割合が少ない場合は有利になります。


おすすめの銀行系カードローンはこちら!

このページの先頭へ