家族や住まいに関する状況

p-3家族や住まいに関する状況についての審査も、カードローンの審査では欠かすことができません。
老若男女や収入の多寡を問わず、色々な方々におすすめのローン商品だからこそ、誰と同居しているかとか、住宅の形態はどうであるかという点もチェックしないといけないのです。
これをクリアしてこそ、カードローンがおすすめであると言えるのです。
では、審査でチェックされる家族や住まいに関する状況とは、一体いかなるものでしょうか。
 
まず、同居している家族や扶養義務に関してチェックされます。
家族を養わないといけないケースや、子供が居るようなケースでは、この分が審査において考慮されます。
最終的にローンの利用ができるかどうかについては、他の審査項目も考慮された上で決まるのですが、もし同居している家族を養わないといけない場合ですと、それだけ出費がかさんでしまいます。
そのため、ローンとして利用できる金額を少しばかり抑えないといけないようなこともあります。
 
次に、住居の形態についてですが、家族の持ち家で家賃などを支払う必要がない場合は、審査におけるポイントが高めに設定されています。
これは月々の負担を少なめに抑えることも可能だからです。
それに対して、賃貸住宅に住んでいる場合は、月々の家賃の負担がいくらあるのかという点が審査で見られることになります。
 
このように、家族や住まいに関する状況をより具体的にチェックすることで、融資をしても支障がないかどうかが判断されるのです。


おすすめの銀行系カードローンはこちら!

このページの先頭へ