利用しやすい金利

p-7どんなに利用しやすいローンだとしても、金利があまりにも高いローンですと、肝心の支払いができずに困ってしまうようなことにもなりかねません。
それならば、お客様にとって利用のしやすい金利で商品を提供することも、銀行側としては必要になります。
実際にカードローンが人気のある背景には、金利という面が関わっていることも十分に考えられます。
では、カードローンの金利については、どのように定められているでしょうか。
 
具体的な金利の設定については、金融機関ごとに異なってきますが、銀行以外の金融機関のローンと比較すると、安めに抑えられているのは良くあることです。
銀行によっては、安い場合ですと年率で4パーセント台ということも、決して珍しいことではありません。
この金利ですと、月利で0.5パーセントを切ることになるので、トータルでの負担を軽く抑えることができます。
 
また、ここまで低金利でない場合でも、年率で12パーセントから14パーセント台というケースが多いです。
これならば、月利で1パーセント台での利用が可能です。
どうしてもお金が必要という時は、金利のことを考えないで審査に申し込んでしまうこともあるかもしれませんが、それでは金利で得をすることはできません。
ただ、お客様の視点から考えれば少ない負担で済むというのが銀行ローンの特徴なのです。
実際にカードローンを利用する背景としては、やはり金利は切っても切れないと言っても過言ではありません。


おすすめの銀行系カードローンはこちら!

このページの先頭へ