利便性の高いカードローンをうまく活用

もし急にお金が必要という状況に遭遇した時は、一般的な金融機関からお金を借りることができます。
どの金融機関を選ぶかについては、利用を希望する個人の価値観やニーズなどによって大きく変化するのは、当然と言えば当然のことです。
そんな中でもカードローンは非常におすすめです。

フリーローンの中にも色々なタイプのローンが存在しますが、中でもカードローンの利用を希望している方々は多いものです。
ここでは、なぜフリーローンのおすすめはカードローンなのかについて書かれています。

どんなローンであっても、人気があるからにはそれなりの原因が存在するものです。
例えばですが、総量規制対象外であるという点は、要因の一つとしては外すことはできません。

金融機関の中には、総量規制に基づいた上での融資を行うことが前提になっていることもありますが、フリーローンの一種であるカードローンの場合は、そうではありません。
総量規制という形に囚われるのではなく、「本当に信頼がおける人物であるか」という点に重きが置かれるのです。

しかし、とは言えども、カードローンを利用する際には、所定の審査に通らないといけません。
細かい審査のポイントについては、金融機関によって違いはありますが、大筋の点については、そこまで大差はありません。
借り入れの状況がどうであるとか、これまでに利用したローンの利用実績がどうであるかという点も、やはり無視することはできません。

同時にいくら利便性が高いとは言えども、ただ闇雲に無計画に利用をするのは良くありません。
そんなことをしてしまっては、いざ返済の時になって自分で自分の首を絞めてしまうことになるし、それこそ返済不能な状況に自らが陥ってしまうようでは、話になりません。
だからこそ、どのようにして利用や返済の計画を立てていくのかについても、基本的な内容については確実に知っておかないといけません。
確実に返済ができれば、信頼度は上がっていくし、金融機関の担当者と良好な関係を構築していくことができ、尚且つローン商品の良さを理屈抜きで体感することが可能になります。

おすすめの銀行系カードローン

三菱UFJフィナンシャル・グループ アコム

アコム

実質年率: 3.0~18.0%
利用限度額: 1万円~800万円
融資: 最短1時間融資可
審査スピード: 最短30分

30日間金利が0円になるサービスあり!(アコムを初めてご利用の方)
最短30分で審査回答・即日振込も可能
ネットからの申込なら24時間いつでもOK!

アコムのお申込みはこちら

新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローン レイク

実質年率: 4.5~18.0%
利用限度額: 限度額500万円
融資:
審査スピード: 申込み完了画面に表示

【主婦OK!】
初めての方にはお得な無利息ローンが!
30日間全額利息0円!または、180日間借入額のうち5万円まで利息0円!
コンビニなどのATM手数料も無料!

新生銀行カードローンレイクのお申込みはこちら

三井住友銀行グループ プロミス

プロミス

実質年率: 4.5~17.8%
利用限度額: 限度額500万円
融資: 最短即日利用可能
審査スピード: 最短30分

最短1時間融資も可能で、来店不要なWEB申込!
初めての利用なら30日間の無利息サービスもあります。
50万円以下の借り入れなら収入証明の提出が原則不要!

プロミスのお申込みはこちら

三菱東京UFJ銀行 バンクイック

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック

実質年率: 1.8~14.6%
利用限度額: 最高500万円まで
申し込み: WEBなら24時間受付

入会金や年会費などはいりません!三菱東京UFJ銀行の口座がない方でもOK!
WEB申込ならご利用までがスムーズに!
さらにお借入れ・ご返済時の三菱東京UFJ銀行ATM・提携コンビニATMの手数料が無料。

三菱東京銀行バンクイックのお申込みはこちら

フリーローンの審査はどんな基準か

チェックリスト生活費や冠婚葬祭の費用など、そして車関連とお金を使うシーンはたくさんあります。
ただ、その用途が限られてしまっていると、ローンを使うにも利用がしにくいので、用途も自由なフリーローンは特に人気があります。

もちろんローンの一つですから、申し込みをすれば審査が行われます。
これもある一定の基準で行われているので、申し込みの時には虚偽などをしないようにしっかりと間違いなく申告をしましょう。

フリーローンは大手のメガバンクや各地方銀行、そして今はインターネットのみのネット専業銀行などで提供されています。
それぞれ特徴がありますが、申し込みの時には条件が記載されているのでよく確認しておきましょう。

例えば、年収が何百万柄印以上であるとか勤続年数は何年以上でないとだめという場合もあります。
地方銀行の場合は地銀の営業地区内に居住または勤務していないと使えないという事もあるのです。

最後のネット銀行はネットのみなので居住がどうというような条件はないのですが、利用したいローンの銀行での口座が必須になる事が殆どです。

申し込み後に行われる審査の基準としては、申し込み時の内容である住所や氏名、生年月日や勤務先情報などは全てチェックが入ると思っておきましょう。
フリーローンでもそれは変わりませんので、間違えないように気をつけておきましょう。

カードローンよりは審査は甘いと言われているものの、それでも通らないときもあれば通る時もあるので、申し込みをしてみないと分からないという一面もないわけではありません。

多目的でかつ用途が決まっている場合、一度にお金を借りる事ができるのがフリーローンのよさです。
後は返済を続けていくだけなので、もしもまたお金を工面する必要が出来た時には再度新しく申し込みをし直すという事になります。

多くの会社でフリーローンが用意されているので、自分に合ったお金の借入方法の一つとして上手に活用してみましょう。

フリーローンの審査で通りやすい人の条件とは?

カードローンの融資にはいろいろなサービスがありますが、その中のひとつにフリーローンと呼ばれるサービスがあります。

フリーローンとは無担保で借り入れをすることができるうえ、使い道を報告する必要がないローンの形態です。
そのため、自由度が高く利便性の高いローンとなっています。

フリーローンの契約時には必ず審査がありまます。
銀行や消費者金融は誰にでもお金を貸す訳ではありません。
一定の基準があり、それに通った人だけにお金を貸しています。

フリーローンの審査に通りやすいのは、年収が多く、勤続年数・住居年数が多く、過去にキャッシング会社で返済の延滞や遅延の無い人です。

年収が高いことは、返済能力が高いこととイコールとみなされるので、年収が高い人は審査に通りやすいのです。

ただし、年収が高くなくても安定した収入があることが重要なので、毎月一定の収入を得られる生活をしていれば大丈夫です。

また、ひとつの会社に長く勤めている人やマンションなどへの住居年数が長ければ安定して決まった額を払い続けることができるという証拠になるので有利です。

フリーローンを利用するにあたって、致命的なのが過去のキャッシングの返済の遅延や延滞などの事故履歴です。
過去にカードローンを利用していて、当時の返済が毎月のように遅れていたり、途中で連絡が取れなくなったりと返済についてマイナスな記録が残っていると、信用度が低いとみなされるので、審査に通りにくくなります。

過去に借入の履歴があったとしても、毎月決まった日に定められた金額を返済していれば信頼できるとしてプラスの評価につながります。
フリーローンは審査が比較的甘いものが多いようですが、確実に融資を受けたい場合は、自分の条件に合ったフリーローンを選ぶようにしましょう。

また、一度落ちてしまったからといってすべての会社で借り入れができないわけではないので、他社のフリーローンにも申込んでみるようにしましょう。

このページの先頭へ